INFORMATIONお知らせ

お知らせ

春の訪れ

本日、今住んでいる国東の隣町の日出町にある大神(おおが)ファームに行ってきました。そこはさまざまな植物や小動物が見られ、この季節はミモザの黄色の花が咲き乱れていました。なかなか都内は見られない木なので壮観でした。ミモザの言葉は’Secret Love’だそうです。そんな関係のデート場になっているのでしょうか、僕みたいなおじさん(ロカビリー風の格好)と若い女の子が彼女の写真をミモザを背景に撮っていましたね。そう言えば、この次の日が世界ミモザデーの日ということがこの後で知りました。

庭園内にヨーロピアン調の木材で建てられたカフェがありました。中に入ると癒し雑貨が並んでいました。1階でコーヒーとケーキを注文し2階に上がって庭園が見渡せる大きなテーブルでティータイムを楽しみました。日光が暖かくくつろげる時間を過ごせました。

外に出ると、何かガーガーと大きな鳴き声が聞こえてきたので、見に行くと大きな白いガチョウがいました。ガチョウは逃げるどころか、農場主の方に盛んに顔を近づけて何かを訴えていました。そんな光景見たことがないので、こんなに懐くものかと驚きました。話を聞いたら、相手してくれと甘えているのだそうです。もらった卵からご主人自身が孵したそうです。生まれたての鳥が最初見た顔を親と認識する話は本当だったんですね。彼?彼女?(性別わからない)はまだ1才で名前が「ツムギちゃん」というのだそうです。人間の3歳児くらいの大きさでしょうか、とても人間らしくて可愛らしかったでです。でも鳴き声がすごいのでさすがに都内ではペットにできないなと思いました。また来年会いに行きたいですね。